白髪染め|評判が良い白髪染めランキング!口コミ評価を徹底比較

なぜ白髪になってしまうのか

年齢とともに生え際に目立つようになってくる白髪。

 

白髪は老化現象の中でも人目につきやすく、見た目年齢をアップさせてしまうため、男女問わず、悩んでいる人が多いと言われています。

 

すでに白髪のある方なら誰でも経験があると思いますが、はじめての白髪を見つけたときのショックは大きいもの。

 

いままで黒かった髪が、数本白くなるだけでどうしてこんなに老けて見えるの?と落ち込んでしまった方も多いかもしれません。

 

 

 

では、なぜ私たちの髪は白髪になってしまうのでしょうか。

 

老化による白髪は30代後半から40代にかけて生えてくることが多くなっています。

 

この年代になると、身体機能が衰えはじめ、それによって髪に黒く色をつけるメラニン色素を作る能力が衰えてきます。

 

このことで徐々に白髪が増えていくのです。

 

老化に白髪が生えてくるメカニズムは徐々に分かってきていますが、決定的な治療方法は残念ながらまだありません。

 

 

 

また、白髪といえば、老化現象と考えがちですが、実はそれ以外にも白髪の原因はあります。

 

続いて、老化以外の原因についても考えてみましょう。

 

ひとつ目は若白髪と呼ばれる10代、20代に起こる白髪の症状です。

 

若白髪にはストレスが原因になる場合と遺伝が原因になっている場合があります。

 

白髪ができやすい体質が遺伝する場合もあれば、ストレスに影響を受けやすい体質が遺伝することもあり、一概にどちらが原因と言えないことが多いようです。

 

10代から白髪がある場合は遺伝がほとんどですが、20代の白髪はストレスによって増えることもあります。

 

ストレスによる白髪はストレスの原因がなくなれば、また黒くなることがほとんどですので、諦めずにケアしていきたいものです。

 

 

 

ふたつ目は栄養不足で起こる白髪です。

 

極端な偏食でバランスの取れた食事をする習慣がないという場合や短期間で体重を落とすダイエットなどで栄養が偏り、白髪が生えてくることがあるのです。

 

ここ数年、きちんと食べなければリバウンドせずに痩せることはできないという考えがようやく定着してきましたが、以前はりんごダイエットなど単品ダイエットが流行ったこともあり、体調を崩して薄毛になったり、20代でも白髪が生えてくるというトラブルに悩む人も少なくありませんでした。

 

栄養不足が原因で起こる白髪は、たんぱく質やミネラルを含むバランスの取れた食事を摂るようにすることで改善することができます。

 

好き嫌いの激しい方や、長期間ダイエットをしているという方は、できる限りバランスの取れた食事を摂り、不足した栄養はサプリメントなどで補うようにしましょう。

 

 

 

また病気が原因で白髪になることもあります。

 

甲状腺の病気や貧血、胃腸の病気などが原因で白髪が生えてくることがあります。

 

体調がすぐれないと思っていたら、白髪が急に増えてきたというときは必ず病院で診てもらうようにしましょう。

失敗しない白髪染めの選び方

ここ数年、ドラッグストアの店頭に並ぶ白髪染め商品の種類はどんどん増えています。

 

皆さんの周りにも自分で白髪染めをしているという人が増えているのではないでしょうか。

 

しかし、いざ自分が使う白髪染めを選ぶとなると、選択肢が多すぎてどれを選んだらいいのか分からないという場合もあるようです。

 

 

 

では、失敗しないで白髪染めの選ぶにはどのような点に注意すればいいのでしょうか。

 

まず、これまでにヘアカラーなどで皮膚がかぶれたり、アレルギー反応を起こしたことがある場合、ジアミン系の永久染毛剤は避けるようにしましょう。

 

アレルギーを起こしたことのある場合は永久染毛剤ではなく、カラートリートメントやヘアマニキュアの中からパッチテストをして自分に合ったものを選ぶようにします。

 

 

 

次に髪の健康状態をチェックしましょう。

 

パーマやカラーリングを繰り返して、髪がパサついていませんか?髪の傷みがひどい場合もカラートリートメントやヘアマニキュアタイプのものが無難です。

 

髪が傷んだ状態で白髪染めをすると、色が入りやすくなるので、希望の色よりもワントーン暗い色を選ぶといいでしょう。

 

逆に髪が太くて丈夫な方は希望する色よりも少しだけ明るめの色を選びましょう。

 

色持ちの良さで選ぶなら、永久染毛剤が一番です。

 

最近はクリームタイプだけではなく、泡タイプ、ブラシタイプなどいろいろなタイプが出ています。

 

ツンとくるアンモニア臭がないタイプも出ているので、臭いが気になるという方にはぴったりでしょう。

 

ただし、アルカリ剤を使用していることには変わりないので、臭いがないからといって髪が傷まないというわけではありません。

 

 

 

また、永久染毛剤を使用したら、シャンプー後のトリートメントに加え、乾燥が気になる場合は洗い流さないトリートメントをプラスすると髪のツヤをキープすることができます。

 

色持ちは多少悪くても、髪や頭皮を傷めない白髪染めを選びたいという方は、カラートリートメントやヘアマニキュアタイプがオススメです。

 

最近は昆布エキスを配合したものや、天然由来の染料を使用するなどして、より髪に優しいアイテムもあり、使い続けることで白髪が目立たなくなるだけではなく、髪にツヤとコシが出てくると評判を呼んでいるものもたくさんあります。

 

1本あたり2000〜3000円程度と、価格は永久染毛剤に比べると高めですが、髪や頭皮が傷む心配がありません。

 

 

 

またカラートリートメントやヘアマニキュアタイプの白髪染めは、お風呂でシャンプーの後、白髪染めできるので、時間がない時にもぴったりです。

 

色持ちを選ぶか、髪の傷みを最小限に抑えることを選ぶかによって選ぶべき白髪染めは変わってきます。

 

自宅で白髪染めをすれば、美容院よりもずっと安く済みますし、多少、高いものでも仕上がりに満足がいけば、コスパ的にも納得がいくのではないでしょうか。

 

白髪がなくなれば、いままでよりもずっと若く見られるはずです。

 

あなたにピッタリの白髪染めを選んでおしゃれを楽しんでみませんか。